自分に合ったウエディングドレス選び【さまざまなタイプがある】

ドレス

結婚式のアイテム選び

結婚式を挙げるとき、新婦にとって重要なのがウェディングドレスです。会場でレンタルできますので、たくさんのバリエーションの中から試着を重ねていき、自分にあったウェディングドレスをレンタルして、当日を迎えましょう。

詳しく見る

男女

ショップも多数あります

ウェディングドレスのトレンドは、日本の中心地である東京にあるショップで知る事が出来ます。東京には多くのショップがありますから、価格やサービス内容などをしっかりと確認してから、ウェディングドレスを購入する事が大事です。

詳しく見る

ウェディングドレス

式場に合ったドレス選び

ウェディングドレス選びは、式場に合わせたデザインを。チャペルなど広めな会場では、裾の広がったAラインやプリンセスラインを。トレーンも長めがお勧めです。レストランやガーデンなど小さ目な式場では、裾の広がらないスレンダーラインやマーメイドラインを。トレーンが長めがお好きなら取り外しできるものもあります。

詳しく見る

ドレス

一般的です

ウェディングドレスは購入するよりレンタルするほうがお得です。ドレス以外にも小物類も合わせてレンタルできるので、自分らしいコーディネートが可能です。また、レンタルショップによっては、お得なサービスも展開されています。

詳しく見る

男性

買ったほうがお得な場合も

ウェディングドレスはレンタルするよりも購入したほうがお得になるケースもあります。ただ式場によって持ち込みできない場合もあるので、事前に確認をとりましょう。もしウェディングドレスを購入したいなら、ショップが集まっている東京で探すのがおすすめです。

詳しく見る

美しさを引き立てる衣装

ウェディングドレス

タイプ別に解説

ウェディングドレスには、さまざまなタイプがあります。主なタイプとしては、プリンセスラインやマーメイドライン、デコレーションタイプなどとなっています。プリンセスラインはゴージャスで華やかなイメージで、まるでお姫様になったような気分が味わえます。マーメイドラインはゆるやかな女性らしい曲線が魅力で、体のラインを美しく見せてくれます。デコレーションタイプはレイヤー状のフリルがたくさんあり、清楚でかわいらしさが演出できます。デコレーションタイプは、ボリュームがあってゴージャスに仕上げたい人にマッチします。ウェディングドレスは、自分が利用する式場のレンタルを選ぶか、持ち込みかどちらか選択します。結婚式場によっては、持ち込みの場合に持ち込み料金が発生することもあるので注意が必要です。ブライダル専門のレンタルショップでは、髪飾りや手袋など、必要な小物がセットになったお得なプランもあるのでチェックしてみましょう。白のウェディングドレス以外に、お色直しとしてカラードレスを選ぶ方もいらっしゃいます。カラードレスを選ぶ際に注意すべきポイントは、ハデになりすぎず、上品さがあるスタイルを忘れないことです。カラードレスの中には、斬新なものも数多く存在しますが、あまりに奇抜なドレススタイルは、親族やゲストに受け入れられない場合もあります。あまり盛り込みすぎず、花嫁本来の美しさを引き立ててくれるようなウェディングドレスが望ましいのです。

Copyright© 2018 自分に合ったウエディングドレス選び【さまざまなタイプがある】 All Rights Reserved.